ほくろを取るためのクリームはいかが?

皆さんは、自分の体のどこかに、ほくろがあったりしますか?
私の体には、数箇所ほくろがあります。

いずれも、小さい時からあるもので、大人になってから増えた、と言うわけじゃないんですよね。
まずひとつは、顔の一部です。
あごの近くに、けっこう黒っぽい、こげ茶のような点があるんですよ。
小さい時からあるホクロで、けっこう気になったりしてます。

普通にしていれば、あまり目立たないところではありますが、けっこう色の濃さとかが、気になる部分ものなので、どうするべきかと、考えています。
ホクロの除去をする方法もありますが、小さい時から十数年以上あるものなので、愛着がわいているというか、気にはなるんですが、除去とか、取り除くと言うことはあまり考えていないんですよね。
ただ、気になる程度、と言いますか。

あと、もう1つ目立つ場所にホクロがあります。
それは、鎖骨付近ですね。
鎖骨付近と言うか、右の鎖骨のちょっと下辺りですね。
こちらは、ちょっと色が薄い茶色なんですが、れっきとしたホクロだと思います。

その他にも、何箇所か、ほくろだと思われるものはあります。
ですが、それが本当にほくろなのかどうか、いつからあるのかどうかとか、分からないんですよね。
ただ、確実に小さい時からあるほくろがその2ヶ所だと言うだけなんです。

でも、私はあまり自分の体にあるホクロについて、気にしたりはしていません。
ホクロって、その人にしかないものだったりしますよね。
例え、同じような位置にあったとしても、完全に同じ位置にあるというわけじゃありませんし、その他にもあるホクロの位置を考えたら、人それぞれ、ホクロがある位置なんかは違ってきます。
つまり、その人だけのチャームポイントと言いますか、魅力になっていると言う事ですよね。

私は、そんな風に考えているので、特に気にはしていませんよ。
ただ、たまにホクロが増えてしまったら、除去してみたほうが良いんだろうな、なんて思ったりします。
実際、私は、小学校高学年くらいのときに、突然左手首にホクロらしき点が出てきたんですよね。
それまで、なかったものなのに、突然出来てしまうものって、けっこう気になってしまうものですよね。
だから、私も一時期、そのことを気にしてました。
家族にも言いませんでしたが、1人で1~2年ほどは気にしてましたね。

その後 、母親に言ってみたところ、「別に気にする必要ないでしょ」なんて言われた記憶があります。
「確かにそうだな」って思って、それ以来、その手首のホクロらしきものに関しては気にしなくなりました。
そして、きづいたら、そのホクロらしきものは、今じゃあまり目立たないくらい薄い茶色になったんですよ。

なんか、パッと見は気づかないんじゃないかっていうくらいですよ。 もし、目立つホクロになってたら、きっと除去したりしていたと思いますね。

除去するなんてことになっても、小さい時からあるホクロはそのまま残しておきたいと思ってます。
生まれた時からあるホクロなんかは、ある意味、その人の象徴のようなものだと思うので、死ぬまでずっと大切にしたいと思いますよ。
今後も、先ほども書いたように、ホクロは自分のチャームポイントのようなものだと考えて、あまり気にすることなく、生活していきたいと思いますね。