密かなブーム探偵事務所

会社を経営していた祖父が亡くなりました。葬儀の後親戚で話し合いの場が開かれました。内容はもちろん遺産相続に関すること。司法書士・行政書士を通じて作成した遺言書が見つかったと言われたのでとりあえず安心しました。 祖父の遺言書にはまずみんなへの感謝の気持ちが記されていました。思わず涙が出ました。そして孫である私に会社を譲ると書かれていました。これを聞いたときもう涙が止まらなくなってしまいました。 パスポートや免許の更新ですが毎回戸惑う私です。ましてや会社の相続など一体いくつ書類を書けばいいのやら途方に暮れていました。すると父が弁護士に頼んだ方がいいとアドバイスしてくれました。
弁護士事務所を探している時、友人が以前お世話になった弁護士事務所を思い出しました。確か交通事故に巻き込まれたのですが裁判や高額な慰謝料を請求されず示談になったと聞きました。 事前に弁護士事務所に電話を掛けてみました。司法書士・行政書士で祖父が作成した遺言書の話から会社の相続の話まで一通りお伝えしました。すぐに法律事務所に伺うことになりました。 弁護士さんはまず大まかに遺産相続の流れを説明してくれました。まず遺産相続には調査が必要なようです。調査には祖父や法定相続人全員の戸籍謄本が必要になるそうです。これには探偵の調査のようだなと驚きました。 きちんと相続人を明らかにした後は会社の名義を私に書き換える手続きに入ると言われました。そして会社では株主総会により次期社長にきちんと選任される必要がありますと説明を受けました。 登記事項証明書や不動産の名義変更や相続税などの手続きは弁護士事務所にお願いすることにしました。その方が手続き漏れもなく安心ですもんね。私は株主総会を開かなければならないのですぐに準備に取り掛かりました。
弁護士さんのお陰で、名義や謄本の変更などが正式に終わりました。会社の方も無事、社長に就任することが出来ました。役員や株主の方も温かく迎え入れてくれたので本当に安心しました。 数カ月後、会社の方も落ち着き久々に実家に顔を出しました。両親や兄弟もみな相続手続きを行政書士や司法書士にお願いして無事完了したと聞きました。お葬式からかなりばたばたしていましたがやっとひと段落つきました。 登記変更や遺産相続手続きを行っていただいた弁護士さんに、会社の顧問弁護士もお願いしました。弁護士さんはすぐに了承してくださいました。来月から我が社にも顧問弁護士がつくことになりました。 これで社員が交通事故を起こした時などの慰謝料や裁判、内容証明などは一安心です。また今後海外進出を考えているので帰化申請や海外とのやり取りもお願いしたいと考えています。視野をかなり広がりますね。 さぁこれからは私自身が頑張らなくてはいけない番です。無事就任式も終わり社内の雰囲気も少しずつ変わってきました。会社に新しい風を吹かせることが出来るよう、これから精一杯働きたいと思います。