まさかの雨漏り!?

祖父から受け継いだ家をリフォームすることになりました。築86年、さすがにボロボロです(笑)。父は父で小さいながらも家があるので、長男の私が譲り受けることに。。
現在の状態をきちんと把握し、メンテナンスの要・不要を知るために信頼できる業者を探すことにしました。
想像だけでも、計画だけでも楽しいものですが、片っ端から問合せてみると、業者から具体的なイメージを聞くことができて更に期待度がアップ。
我が家は最終的には「人柄」重視で(笑) リフォーム後を加味した判断をしました。やっぱり無知には変わらないので、頼れる業者だと心持違いますよね。 業者のHPでかなり勉強になりました。隈なく読んだ気がする(笑)HPを持たない業者はスルーしちゃいました。だって情報ゼロで問合せるのは無駄だと思いません?
リフォームしてみるものですね。業者選びには労力使いましたが、終わったあとの気持ちがいいこと。たくさん悩んだ甲斐があったものです。
なんだかんだでリフォーム会社が決まりました。結構色々あったので、一生忘れないイベントになったかも。完成前に既にこんな感じです。あ、でもとても良い業者ですよ。それは確かです。
盲点でした。天井なんて普段目にしないというか気にしていないので、業者さんに言われるまで気付きませんでした。その勢いでリフォーム。。オフホワイトにしたので、部屋が明るくそして広くなった気がします。
気になっていた防犯についてですが、今は窓自体を交換するのではなくフィルムを貼るだけというお手軽そうなものもあるんだとか。手軽とは言え、何枚も窓はありますからそれなりに費用は必要だと思いますが、防犯はね、ケチりたくないところだと思いませんか?
大手の会社に頼めば絶対安心なんて思いませんか?でも名前に負けてしまうと失敗することもあるようです。リフォームに関しては特に経験があるところを最優先に考えるべきのようです。
リフォームを終えてから知ったのですが、最近の職人さんは昔よりも技術があるのだとか。意外や意外でしたが、このご時世、それ相当の技術がないと食べていけません!篩にかけるように、それなりの技術のある人が多いのだそうです。
給湯器ってほったらかしにしてたのですが、寿命は約10年なんだそう。とっくに過ぎているようで。。突然壊れると生活に支障が出てくるので、すぐに交換することにしました。ホッとしています。
リフォームする際に、やっぱり自分なりに調べたりしますよね。でもこの情報収集を怠る人が、いわゆる悪徳業者に引っかかってしまうんだと思います。最低限でも知識をつけるべきだと思うんですよね。。